組織活性化サービスActivation

☑経営理念やビジョンを自分の言葉にすることができていますか?
☑会社方針が現場社員の実践に浸透していますか?

組織を活性化させる「心のマネジメント」

会社業績が向上することで活性化している組織は、市場環境の変化に左右されやすい組織のため、
市場環境の変化と共に、会社業績だけでなく、組織の活気や雰囲気も浮き沈みしてしまう傾向にあります。

しかし、真の活性化組織は、市場環境の如何に関わらず、どんな状況においても社員が常に目標や目的の実現、及び問題や課題の解決に向って活動しており、常に会社業績の維持・向上を実現できます。

真の組織を活性化するためには、トップである管理職層自らが自己変革していくことが求められます。

また、組織が抱える課題に対しての解決策を考え、組織がもつ団結力を強化し、社員のモチベーションを上げることでチームの組織への貢献度を向上することができます。
ストレスチェック制度においても、ストレスチェックの結果を集団分析し、その結果を職場環境改善のために活用することが厚生労働省より推奨されております。

参考:http://kokoro.mhlw.go.jp/statistics/

サービス例

・組織活性化研修
・職場環境分析サポート
・メンタルヘルスケア推進担当者育成支援

組織活性化研修プログラム事例

・ビジョン設定と共有
・サポート技術
・評価方法のあり方
・組織活性化のためのチームワーク
・組織理論、課題解決思考


詳細はお問合せください。

ニュースNews

すべてのニュースを見る